LCA国際小学校

Educational Philosophy教育理念とLCAの特徴

Nurturing Internationally-Minded People国際人を育てる

LCA国際小学校は、文部科学省から認可を受けた私立小学校で、インターナショナルスクールとは大きな違いがあります。 LCAの子どもは、しっかり日本のことを知って日本を好きになること、つまり日本人としてのアイデンティティを大切にすることを基軸に、コミュニケーションツール(言語)としての英語と外国文化の知識を学びます。

日本語・国語力の強化、日本の歴史・文化の習得

日本人の文化とアイデンティティが大切であるという観点から国語科に力を入れており、日本の歴史や茶道・華道などの伝統文化についても習得します。

国語を通じて日本人の情緒と精神文化の基礎を学び、国際社会に出ても恥ずかしくない国際教養を身につけます。低学年から多くの書物にふれて豊富な語彙を習得し、作文により自在な表現力を養います。

活動

  • 山口紀生学園長が独自に考案した作文メソッド『見たこと作文』で、文章力(表現力)を強化。

  • LCAオリジナルの古典教材を使って、日本の歴史や文化を習得。
  • アフタースクールのカリキュラムに、和太鼓、茶道、生け花を導入。

アクティブ英語イマージョン教育

LCAでは、学校生活の大半を英語で過ごす、独自のアクティブイマージョン教育を取り入れています。これは、日本人が自然に英語を使いこなせるようになるための効果的な教育方法で、LCAの子どもは休み時間も当たり前のように英語で会話をしています。

国際人を育てるバイリンガル教育を進めるため、クラス担任は1年生から5年生まで英語のネイティブスピーカーです。教科指導を含め英語で行う授業は3年生までが約80%、4年生以上が約50%を確保しています。 英語科では2年生までが週約6時間、3年生以上が週約5時間の学習を行います。

使用する教材は LCA オリジナル教材と欧米の児童が使用するReading 教材(現在は Journey's)などを使用しています。

また、英語で自分の意見を発表する「スピーチコンテスト」は、子どもたちが英語力を切磋琢磨する機会となり、保護者のみならず有識者からも評価を得ているLCAの恒例行事となっています。卒業時にCEFRB1(英検2級程度)以上の英語力を習得することが、LCAの子どもたちの目標です。

活動

  • LCAが独自に開発した英語教材『メトロラーニング』で発話力を鍛える。

  • 英語検定などでハイスコアを誇る子どもたちも多い。

  • 自分の意見を流暢な英語で発表する「スピーチコンテスト」は、LCAの恒例行事です。

国際教養

LCAでは、欧米と日本を比較する機会が多く、より日本を意識することができる環境でもあります。外国の文化や価値観を比較する中で日本を知りながら、自国に誇りを持てる国際人を育てます。

また、校内施設のミュージアムスペース「ガレリアクラシコ」では、隔月で西洋の美術資料が展示され、世界の文化や歴史に触れることができる環境を提供しています。

LCAの子どもは、日本人としての常識、文化を学ぶと同時に、国際的なマナーも学びます。教室の中のモラルから日本国内/海外まで視点を広げ、多様な文化の中で共存するために必要な考え方を身に付けます。

活動

  • オーストラリアの姉妹校で学ぶ短期留学制度や、外国人留学生を受け入れて文化交流を体験する機会もあります。
  • 校内のギャラリー施設「ガレリアクラシコ」で、いつでも西洋美術に触れることが可能です。
  • 全校で社交ダンスを学んだり、校内ミニコンサートを楽しんだりして鑑賞マナーを身に付けます。
ページトップへ戻る