LCA国際小学校

Educational Philosophy
and Strengths of LCA
教育理念とLCAの特長

Advantages of LCA Philosophy教育理念によるLCAの強み

国際人を育てる

日本語と英語を自由に使いこなし、良好なコミュニケーションをとりながら、世界を舞台に活躍できる人材の育成を目指します

孝え、感じる力を養う

生きることの素晴らしさを知った人間の育成を目指します

個性を活かす

将来、社会の一員として、自分の個性を活かし、社会に貢献できる人間の育成を目指します

Strength Consisting of LCA's Educational Philosophy教育理念によるLCAの強み

中学受験に対応できる授業内容

LCAでは、子どもたちが卒業後も真の国際人として成長してほしいという願いがあります。LCAと教育理念の近い学校や、継続して英語力を伸ばすことのできる学校、子ども達の個性を伸ばすのに最適な学校を紹介すると共に、進学塾に通うことなく中学受験に合格できるように学習面でもサポートします。

また、学校生活の中では自分を肯定し誰にでも意見が言え、スピーチコンテストやパフォーマンスディなどの行事では、大勢の人前で自己を表現する習慣が身に付いているため、試験や面接でも普段の力が発揮でき、受験に有利な環境といえます。

帰国生に最適な環境

LCA国際小学校は日本人であることを大切にしながら国際人を育てる学校で、低学年では国語以外の教科は全て外国人教師が英語で指導しています。海外の学校と雰囲気も近く、違和感なく日本での学校生活に移行し、身に付けた英語力をさらに伸ばすことができます。 日本語の学習に不十分な場合は、しっかり日本語力の育成も行います。

また、子どもたちや先生がもっている個性を活かし、お互いの「違う」を認め合い、一つの規準にとらわれない校風は、帰国生に最適な環境といえます。

Characteristic of Subjects教科の特徴

LCAは文科省に認められた一条校であり、世界で活躍する日本人を育てることを目標に日本の学習指導要領を外国人が英語で授業を行う形式をとります。

English英語

1年生は、教科としての「英語」が週に6時間あります。3時間はリーディング、3時間は文法や単語を学び、作文の練習もします。2年生以上は週5時間です。リーディングはレベル別に5段階に分けて指導します。
4年生以上は、不定詞、動名詞、関係代名詞などおなじみの英文法を独自の教材を使い、外国人教師から英語だけで学習します。
高学年ではスピーチやディスカッションに力を入れています。

Japanese国語

基本的に文部科学省の検定済教科書を使って指導しますが、当校では初めて読む文章を理解する力をつけるために、1年生から読解力を高めるための副教材を使って、論理的に理解する力をつけています。 また、作文指導は学園長著の『親子でつくる見たこと作文』のメソッドを使い、誰でも表現を楽しめる作文指導をしています。保護者向けに作文講座も開いており、家庭の力も借りながら作文力を磨いています。 高学年では中学受験用の教材も取り入れ、長文の読解力をつけます。 また全学年を通して、日本や世界の古典に親しむ機会を設け、日本人の感じ方や考え方を他の国と比較できる力を育てるとともに、日本人としての誇りももてるように指導しています。

Mathematics算数

1~3年生は、外国人教師が検定済教科書の英訳本を使い、日本の指導法のよさを取り入れながら指導しています。英語で指導するので、内容がしっかり理解できているかを心配する声もありますが、日本人教師も定期的に授業に入って定着度を確認しています。特に、かけ算九九や図形に関わる言葉は、日本語での定着に向けて繰り返して日本人教師も指導します。 英語と日本語のテストを実施し、内容の定着を確かめています。4年生以上は日本人教師が算数指導をしますが、中学受験に対応できる基礎力をつけるために受験用の教材も使用しています。 4~6年生では習熟度別グループで丁寧に指導しています。

Science理科

自然現象や科学的な法則を知ることで、疑問をもったり、好奇心をもったりして、調べたり試したりすることができる子を育てます。 日本の理科の教科書とともにアメリカのカリキュラムや指導法も取り入れながら探求型の指導をしています。1~2年生は、生活科として日本のカリキュラムを外国人教師が英語で指導しています。

Social Studies社会

3年生は、日本の社会の教科書の中でも外国人が指導しやすい単元を英語で指導しています。外国人教師の指導ならではの世界に目を向けた内容も行われています。4年生以上は日本人教師が、日本の地理や歴史、政治の各分野を教えます。 国際学校として、特に「日本や世界の国々はどのようにして現在に至ったのかを国際人の立場で知る。」また「世界で何が起きているかを知り、問題意識を持つ。」また、世界の中で自分の個性を生かして役に立つ場所を知ることにも力を入れています。1~2年生は生活科として日本のカリキュラムを英訳し、外国人が指導しています。

Music音楽

外国人教師が日本のカリキュラムを参考にしながら独自のカリキュラムを作成し指導しています。日本人として知っておくべき歌や音楽も指導しています。英語の歌はもちろん、世界各地の歌を指導することもあります。 1年間の学びの集大成として、ミュージカルやコーラスを発表する機会を設けており、歌やダンスを楽しむ情操教育の大きな役割を担っています。歌やダンスを多く発表しますが、どれも子ども達が楽しく練習し、発表しています。 国家「君が代」も指導しています。

Physical Education体育

日本流の体育を外国人教師が学び、日本人の補佐のもと指導しています。日本の体育学習は生涯体育につながる価値があるものと考え、日本型の指導を基本にしています。日本らしい競技とともに国際小学校らしい国際色豊かな種目も取り入れたスポーツデイ(運動会)も実施しています。

Home Economics家庭科

LCAの授業の中で一番微笑ましい教科です。運針や味噌汁作りなどを外国人教師が指導するからです。玉結びを教える指導でできていないのは教師だけということもあります。 味噌汁作りではグループに分かれ、家庭の味噌汁の作り方を発表し、子ども達が選んだ家庭の味噌汁を皆でつくります。教師はファシリテーターに徹します。

Moral Education道徳

日本の教科書を英訳して指導しています。また、児童の日々の生活が道徳の良い教材であると考えているので、日々の問題をとらえ、相手の気持ちを考えたり気持ちをうけとめるとはどういうことかを考えたりします。

ページトップへ戻る