LCA国際小学校

SchoolNowスクールNow

今日のアセンブリー by フィリップ先生

アセンブリー

11月28日(水)のアッセンブリーは、スイス出身のフィリップ先生のお話でした。テーマは「Let’s go on a trip ! 」、旅をするようにスイスの文化や日本との違いを教えてくれました。

   

いつも優しくてそばにいてくれるフィリップ先生ですが、地図をみると日本からととっても離れた国からLCAに来てくれていることがよく分かります。

スイスと日本を比べてみると、スイスの広さは日本の九州くらいで、人口はスイスは800万人に対して日本は約1億2千万人だそう。

そして雄大な大自然!夏は山をマウンテンバイクで下ったり、冬はスノーボードを楽しんだりできるようです。

郷土料理は、チョコレート、チーズ、ジャガイモのロスティ。ロスティは、以前フィリップ先生が他の先生たちに振舞ってくれたことがあり美味しくて大好評でした!

 

最後は、フィリップ先生からの呼びかけで想像の旅に出かけました。

Let me take you a journey. For this it’s best if you close your eyes.Use your imagination.

「さあ、目を閉じて、想像力を働かせて、旅に出かけましょう。」

 

Let’s start.It’s August and long summer holiday has just finished.You have to wake up early because school starts at eight.After breakfast with your family you walk to school,

「さあ、始めましょう。八月、長い夏休みが終わりました。あなたは早く目覚める必要があります。なぜなら学校は8時から始まるからです。家族との朝食の後、歩いて学校に向かいます」

 

after a few days you get used to the new grade even though now you have to learn two languages. And you probably do like learning French and would prefer to only learn English. 

「数日後、新しい学年になり2つの外国言語を学ぶことになります。あなたはきっと、英語だけではなくフランス語も好きになるでしょう。」

 

Then in December Christmas season starts. And lucky for you Santa Claus comes early to Switzerland. On the sixth of December Santa and his helper visits you at home. But instead of toys you only get some chocolates and oranges. But that’s okay. Because on Christmas Eve it’s Baby Jesus himself who visits you and puts a heap of presents under a real Christmas tree.

12月、クリスマスシーズンが始まります。スイスではサンタクロースが早くやってきます。あなたの家には126日に来るでしょう。でもオモチャはなく、チョコレートとオレンジだけ。でも大丈夫!クリスマスイブの日、生まれたてのイエス・キリストがやってきて、本物のクリスマスツリーの下にプレゼントを山積みにしてくれるでしょう。

国による文化の違いは面白いですね。世界中の文化や風習について、そばにいる先生から教えてもらえるのはLCAならではの魅力でしょう!

Archives

Category

ページトップへ戻る