LCA国際小学校

SchoolNowスクールNow

G6のプログラミング授業

スクールライフ

先日、G6を対象としてプログラミングの授業が行われました。

講師はLCAのプログラミング教育顧問、平井聡一郎先生。
先日はG3を対象に「自分の好きな形のロボット」や「タブレットでゲーム作り」を教えてくださいましたが、今回はどんな内容になるのでしょうか?

不思議な球体とiPadが子どもたちに配られました。

これはなんだろう…?

子どもたちもドキドキしながら先生のお話を待っています。
今回使用する教材は、プログラミングロボットの【Sphero BOLT】。

iPadでプログラミングを行うと、動かしたり色や模様を表示したりすることができます。
今回は色や模様を表示する方法の授業です。

iPad状のアプリケーションに色と模様を描き込むと・・・

ロボットに同じものが表示されました!
これをパラパラ漫画のように何枚も描くことで、アニメーションのように絵を動かせるとのこと。
子どもたちは夢中になって絵を描いています。

こちらでは先生も夢中になっています。

最後は自分が作ったアニメーションのプレゼンタイム!

同じ指導、同じ作業時間なのに、誰一人として同じアニメーションを作った子はいませんでした。

その中で1人、「I ♡ LCA」というアニメーションを作っていた子がいました。
下記URLからその映像を見ることができます。
https://youtu.be/PEsOOqZ4SHI

わかりやすい説明と興味を持てる道具を用意すれば、子どもたちは熱中して取り組む。
それを再認識した1時間でした。

後日のこと。G6の男の子が、
「楽しかった!もう少しで誕生日だし、Amazonで売ってるからこれ買ってもらう!」
と笑顔で言っていました。

論理的思考力や創造性を養えるプログラミング。
「Scratch」や「ピョンキー」など、タブレット1つで手軽にできるものもあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

ページトップへ戻る